医院ブログ|三越前・日本橋・神田で歯科・歯医者をお探しの方は日本橋室町デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

記事一覧

デンタルフロスの種類

2018.11.27(火)

こんにちは☀

 

今年も残すところあと1カ月弱ですね。

 

寒くなってきて風邪が流行っているようなので体調管理に気を付けてください♪

 

今回はデンタルフロスの種類についてお話ししたいと思います。

 

デンタルフロスと言ってもたくさんの種類があり用途によって形状が異なります。

 

清掃補助器具の1つですが、たまに『フロス???』のような方もいらっしゃいますが

 

 

わかりやすく言うと『糸』です 笑

 

 

歯ブラシでは中々落としきれない歯と歯の間のお掃除に使うものです。

 

歯ブラシだけでは約60%程の汚れしか取れないと言われていて

 

その残りの汚れを取るのに重要なのが『デンタルフロス』なのです!

 

 

 

当院で取り扱っているものを例にいくつかご紹介します。

 

 

 

 

薬局等で見かけたことがあると思いますが

 

スタンダードなケースに入ってるタイプ

 

ご自身で好きな長さに切って使用します。色々なフレーバーがありミント味が人気です。

 

その都度、使い捨てるので衛生的です。

 

ただフロスを使い慣れていない人には奥歯などに使用する際に難しくて入れられない方もいるようです。

 

 

 

 

子供用のフロスなどにみられる柄に付いているタイプです。

 

なかなかフロスをしたくても難しくてできない方にはオススメです。

 

1回使い捨てタイプではないので洗って糸の寿命がくるまでは使用可能ですが

 

衛生的概念からは定期的に交換したほうがいいです。

 

上下奥歯なんかにはこちらのタイプだと、容易にフロスを挿入することが可能です。

 

 

 

こんな感じで子供用は色や形がカラフルでカワイイものがたくさんあります♪

 

 

 

 

 

その他に、ちょっと変わったフロスで言うと『スーパーフロス』とよく言われているものがあります。

 

1本1本個別に入っていてブリッジなどのダミーの歯の部分と歯茎の間の清掃に使用するものです。

 

 

 

歯と歯の間が腫れることがある・ブリッジの下が腫れる・歯と歯の間に食べ物が詰まる

 

などの症状がある方はフロスを使用しましょう!

 

 

 

『デンタルフロス』といってもこのように使用用途によって種類がたくさんありますので

 

自分はどのフロスが一番適しているかわからない!なんて方は是非1度ご相談ください♪

 

 

 

 

 

 

三越前・日本橋・神田で歯科・歯医者をお探しの方は日本橋室町デンタルクリニックまで

 

 

 

 

歯ブラシの種類・選び方

2018.10.24(水)

こんにちは☀

 

前回のブログで当医院で扱っている歯ブラシをご紹介致しましたが

 

歯ブラシの種類と選び方についてご説明します。

 

 

 

 

 

☆GCのルシェロシリーズについて

 

大きく分けて歯ブラシの毛先の種類により

 

●Basic(ベーシック)

 

 

こちらは毛先がラウンド毛になっていて汚れをしっかりと落とします。

 

●Perio (ペリオ)

 

 

こちらは毛先が細く、歯周ポケット奥まで毛先が届きます。

 

 

この2タイプがあります。

 

さらに歯ブラシの大きさによって3サイズ展開していて

 

 

●10シリーズ (標準タイプ)

 

 

 

●20シリーズ (口が小さめの方・ヘッドが小さいタイプ)

 

 

 

●30シリーズ (短時間で効率よく全体を磨きたい方・ヘッドが大きめのタイプ)

 

 

 

あとはそれぞれに『毛のかたさ』 M(普通) S(やわらかめ)があります。※30シリーズはかたさは1種類のみ

 

 

 

ここまででもお分かりの通り、かなりの種類があります、、、笑

 

 

 

自分のお口の中の状態によって歯ブラシは使い分けることが大切です。

 

間違った歯ブラシ選びをすると新しく虫歯を作ってしまったり

 

歯周病を悪化させる要因にもなりかねますので歯ブラシはご自身のかかりつけの歯医者さんに相談しましょう♪

 

 

また、歯ブラシだけでは完全に汚れは落とせません。

 

やはり清掃補助器具(デンタルフロスや歯間ブラシ)も併用して毎日のブラッシングすることが大切です!!

 

フロスや歯間ブラシについてはまた次回ご説明します♪

 

 

 

 

 

 

 

 

三越前・日本橋・神田で歯科・歯医者をお探しの方は日本橋室町デンタルクリニックまで

 

 

 

 

 

ワールドデンタルショー2018に行ってきました

2018.10.11(木)

こんにちは

 

先日パシフィコ横浜で行われていたワールドデンタルショーにいってきました。

 

 

 

 

デンタルショーとは、モーターショーやおもちゃショーのように様々な歯科企業が最新の機材や材料が展示してあったり

 

実際に最新機材をさわって体験できるブースがあったりと

 

なかなか歯科関係者にはテンションが上がるイベントなのです!

 

  

 

 

今回はたくさんのサンプルを頂いたり、たくさんの機材をデモさせてもらったので

 

今後の治療に役立つような勉強ができました!

 

 

 

こんなインプラントの写真ブースまで♪

 

もちろん当医院でもインプラントは施術しておりますのでご相談がありましたら

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

デンタルショーでは数え切れないほどの種類の歯ブラシが展示されていました。

 

当医院では

 

GCさんのルシェロシリーズ

 

 

今話題のCURAPROXというスイス製の歯ブラシを取り扱っております。

 

 

共にとても磨きやすく汚れもよく落ちる歯ブラシです!

 

 

皆さん歯ブラシはどのくらいの頻度で交換していますか??

 

だいたい目安としては月に1本は交換して頂きたいです

 

毛先が1カ月も使用していると開いてきてしまい清掃能力が落ちてしまいます。

 

また、細菌も繁殖して不衛生になります。

 

汚れが落ちない歯ブラシを使用し続けると磨き残しがあるので虫歯を作る原因になりかねません!!

 

  

 

参考までにこんな歯ブラシはポイしてください、、、。

 

表から見ても毛先が開いているのが確認できると思います。

 

裏からみて歯ブラシの柄より毛がみえるようなら開いている証拠です。

 

定期的に歯ブラシを変えることは口腔内を清潔に保つ秘訣でもありますので

 

ぜひご自身の歯ブラシチェックしてみてください♪

 

 

 

 

 

三越前・日本橋・神田で歯科・歯医者をお探しの方は日本橋室町デンタルクリニックまで

マウスピースの色々☆

2018.09.26(水)

こんにちは☀

 

もうすぐ10月です。

 

今年も残すところあと3カ月ばかりとなりました。

 

早いですね~、、、。

 

当医院のビルのエレベーターホールの案内板に

 

名前がやっと入りました!

 

2Fだけ抜けていたのでわかりずらかったと思います。

 

 

 

今日はマウスピースについて。

 

マウスピースといっても色々な種類があり、用途によって厚さや硬さ・形態が

 

違います!

 

取り扱っている一部をご紹介致します。

 

●ナイトガード

いわゆる歯ぎしり防止装置です。

 

柔らかいソフトタイプと硬いハードタイプがあります。

 

どちらも保険適応で製作することが可能で

 

ソフトタイプは違和感が少ないですが耐久性がやや劣ります。

 

ハードタイプはややしめつけ感があり違和感を感じる方もいますが

 

耐久性はあります。

 

 

 

●マウスピース矯正

 

 

当院で取り扱っているマウスピース矯正は”ケンライン”というマウスピースタ

 

イプの矯正装置です。

 

全てフルデジタル設計処理で、3Dプリンタで模型を出力してアライナーシー

 

トを2週間ごとに交換します。

 

歯列の状態によりますが、軽度の歯列不正であれば約3~4か月で歯並びがキ

 

レイになることもあります。※自由診療 ¥300000~(+TAX)

 

 

来月の矯正日は10月24日です。

 

ご相談は無料ですので不安なこと・気になること等ありましたら

 

お気軽にお問合せくださいませ。※矯正は予約制となります

 

 

 

●スポーツ マウスガード

 

 

よくテレビ等で、格闘技の選手や球技の選手たちがしているのを

 

見たことがあると思います。

 

競技中の接触やケガで歯が折れたりする危険のある競技は装着を義務付けられ

 

ています。

 

競技の種類によって微妙に形態が異なるので市販でも対応できますが

 

フィット感などを考えると

 

できれば歯医者さんにオーダーメイドで作製してもらうことをオススメします

 

 

マウスガードの効果としては

 

①歯牙、粘膜の損傷から守る

②体のバランスの向上

③脳震盪から守る

 

などの効果もあります。

 

また競技中だけではなく筋トレ中などに装着していることで

 

筋力アップにつながるといれれています

 

カラー・デザインはたくさんありますので気になる方は

 

お問合せください。※自由診療 ¥10000~(+TAX)

 

 

明日 9月27日は休診とさせて頂きます。

 

ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

院内感染防止対策講習会へ参加

2018.09.12(水)

 

こんにちは。すっかり涼しくなり秋の気配をかんじますね♪

 

さて、昨日は18時で診療を終わらせていただき東京歯科保険医協会主催の

 

院内感染防止対策講習会へ参加してまいりました。

 

 

歯科における院内感染防止対策についての基本や重要さについて再確認

 

することができました。

 

歯科診療の特殊性としては歯科治療は小外科処置の連続であるのと、

 

使用する器具が小さく鋭利なもの、精密な器具が多いので器具の

 

消毒・滅菌は当然のことながら完璧に行わなければなりません。

 

 

 

当院での院内感染防止の一部をご紹介

 

●クラスBオートクレーブ

 

ヨーロッパ規格であるEN13060に準拠した「クラスB」プレポストバキューム

 

式の滅菌器です。

 

 

使用した治療器具は患者様毎に交換し、世界最高基準の滅菌器で処理を行って

 

います。

 

滅菌が完了した後も無菌庫で管理し、次回使用時まで管理を徹底しています。

 

 

●口腔外バキューム

 

 

歯科治療中は唾液や血液、細菌などが空気中に飛沫してしまいます。

 

口腔外バキュームは知らず知らずの内に舞っている感染源を瞬時に吸い込み、

 

診療室内の空気を清潔に保つことができる装置です。

 

 

●フラッシング装置

 

 

 

診療ユニット内(配管)に残っている水を溜めずに排出し、洗浄することが

 

できます。治療するとき・うがいをするときに常に清潔な水を使うことができ

 

とても清潔な状態を保つことが出来ます。

 

 

 

ほんの一部ですが、このような設備が院内感染防止対策として日々

 

活躍してくれています!

 

また、できるだけ使い捨てできる治療器具についてはディスポーザブル製を取

 

り入れ、常に衛生的な治療器具・環境での診療を実現しています。

 

 

1 2 3 4